Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

天王寺動物園は日本で唯一キーウィが観られる動物園!

2015.08.30 00:49
カテゴリ:大阪府

大阪市の市街地内にある動物園。

開園100年の歴史を持ち、日本で唯一キーウィが観られるのも特徴。

天王寺動物園は日本で唯一キーウィが観られる動物園!
 

開園100年の歴史を持つ大阪の動物園

1-写真 2015-04-18 11 59 28.jpg

大阪市の天王寺動物園は、開園100周年を迎える歴史ある動物園です。

北園と南園に分かれており、結構な広さ。

 

入り口すぐのキジたちが綺麗

新世界ゲートから入ってすぐのキジ類が飼育されているケージには、綺麗なキジのなかまが沢山います。

1-IMG_5259.JPG
1-IMG_5311.JPG
1-IMG_5322.JPG
 

左からニジキジ、ベニジュケイ、ヒオドシジュケイ。

巨大な鳥類ケージ「鳥の楽園」が凄い

1-IMG_7012.JPG

南園の奥の方には「鳥の楽園」という巨大な鳥類ケージがありますが、ここが凄い。

このでっかいドーム状のケージの中に入って、直接目の前で色んな鳥を観ることができます。

 
1-IMG_7013.JPG

内部の様子はこんな感じ。

1-IMG_5381.JPG
1-IMG_5375.JPG
 

巣を作って生活している様子がすぐ目の前で見られます。

1-IMG_5384.JPG
1-IMG_5387.JPG
1-IMG_5376.JPG
 

水辺にも沢山。

この「鳥の楽園」は、檻やガラスなど、目の前に遮る物がなくじっくり鳥たちを観察できるのが凄く良いです。

夜行性動物舎には日本で唯一の生きたキーウィが!

天王寺動物園で個人的に一番の見所は、夜行性動物舎。ニュージーランドの国鳥であり、キウィフルーツの名前の元となった、飛べない鳥キーウィが日本で唯一観られるのがここ。

1-IMG_7066.JPG

夜行性動物舎はめっちゃ暗いので画質がだいぶ悪いですが、キーウィの食事シーン。剥製や骨格標本ではちょくちょく見かけるキーウィですが、生きてる姿は想像より結構でかい。

1-IMG_7011.JPG
1-IMG_7028.JPG
 

野生のキーウィは長いくちばしを地面に差し込んで、くちばしの先端にある鼻孔から匂いで土の中の虫やミミズなどを捕まえて食べるそうです。実際、木のうろの中に入って地面にくちばしを差し込んでほじほじしている姿も見られました。

1-IMG_5418.JPG

夜行性動物舎にはほかにも色んな動物が飼われていますが、コウモリがめっちゃ可愛かったです。

ワシやコンドルのなかまも充実

ワシやコンドルのなかまのかっこいい姿も近くで見られて楽しいです。そういえば関係ないけど「猛禽類」っていうくくりは分類学的には意味ないっぽいですね。

1-IMG_5470.JPG
1-IMG_5474.JPG
 

オジロワシ(左)とニホンイヌワシ(右)。

1-IMG_5480.JPG
1-IMG_5483.JPG
1-IMG_5490.JPG
 

コンドル(左)、セーカーハヤブサ(中)、クロコンドル(右)。ハヤブサはワシやコンドルよりも、スズメやオウムと近縁らしいですよ。

もちろん哺乳類もいっぱいいるよ

なんか鳥ばっかり紹介して、コウモリ以外の哺乳類を全然紹介してませんが、動物園定番の大きな哺乳類ももちろん沢山いますよ。

1-IMG_5333_2.JPG
1-IMG_5355.JPG
1-IMG_5449.JPG
 
1-IMG_5465.JPG
1-IMG_5511.JPG
1-IMG_5516.JPG
 

爬虫類生態園アイファーは爬虫類天国

1-IMG_7033.JPG

北園にあるアイファー(爬虫類生態園)は、その名の通り爬虫類天国。

 
1-IMG_5530.JPG
1-IMG_5540.JPG
1-IMG_5548.JPG
 
1-IMG_5567.JPG
1-IMG_7034.JPG
1-IMG_7035.JPG
 

たまらん。

公式情報

公式サイト
http://www.jazga.or.jp/tennoji/
住所
大阪市天王寺区茶臼山町1-108

アクセス

大阪市営地下鉄「動物園前」駅下車、徒歩5分程度。

その他

コインロッカーあり。

園内に飲食店あり。

LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加