Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

鳥類剥製展示の充実ぶりが凄い!鳥類専門の博物館。我孫子市鳥の博物館

2014.08.10 05:06
カテゴリ:千葉県

千葉県我孫子市にある、鳥類専門の博物館。

大量の鳥の剥製展示は圧巻。絶滅種も展示されていて古生物好きにも楽しめる。

鳥類剥製展示の充実ぶりが凄い!鳥類専門の博物館。我孫子市鳥の博物館
 

鳥類だけに特化した専門博物館

1-IMG_6016-001.JPG

我孫子市鳥の博物館は、鳥類だけに特化した展示のユニークな博物館です。

特に大量の鳥類の剥製の展示は圧巻。古生物好きとてしも楽しめる絶滅鳥類の展示もあって、色々楽しめる展示でした。

展示は大きく分けて「手賀沼の鳥たち」「鳥の起源と進化」「世界の鳥コーナー」の三つに分かれています。

※なお、直近の我孫子市鳥の博物館の見学が、この記事を書いている2014年8月から見て9か月前にあたる2013年11月なので、展示内容が最新でない可能性がありますがご了承ください。

 

「手賀沼の鳥たち」をテーマにしたジオラマ展示

1-IMG_8682.JPG
1-IMG_8684.JPG
 

入館して最初に観られるのは我孫子市の手賀沼に生息する鳥たちを、ジオラマと剥製で再現した展示。結構沢山の剥製をふんだんに使ってますね。

古生物展示も充実

1-IMG_8690.JPG

古生物好きとしては「鳥の起源と進化」コーナーの絶滅鳥類の展示は見逃せない。長年「最古の鳥類」と言われ続けていた始祖鳥は当然ながら展示されています(今ではその「最古の鳥類」という地位は色んな意味で危ういようですが)。

1-IMG_8689.JPG

こちらは始祖鳥の羽毛化石。色んな博物館でよく展示されている始祖鳥のベルリン標本あたりのレプリカよりもこっちの方が嬉しい。一番最初に発見された始祖鳥の化石で Archaeopteryx lithographica のタイプ標本のレプリカ。のはず。

関係ないけど Archaeopteryx lithographica ってすんごい美しい学名だと思う。

1-IMG_8745.JPG

こちらはニュージーランドの絶滅鳥類、モアの骨格。陸生に適応して飛ぶ必要がなくなり、前肢(翼)が完全に退化してしまっていて骨もないのがわかります。

 
1-IMG_8694.JPG

恐竜絶滅後の暁新世から始新世にかけて繁栄した恐鳥類ディアトリマ(ガストルニス)の復元模型。肉食恐竜がいなくなった後の捕食者としてのニッチを埋めた存在と言われていますが、一方で植物食だったんじゃないかという説もちょくちょく出てきているようです。このでかい口は、肉を食いちぎるのに使ったのか、それとも土を掘ったり固い種子などを砕くのに使ったのか。

ちなみに、この復元模型に利用されている羽毛は、エミューのものとのこと。

 
1-IMG_8750.JPG

ペンギンモドキことプロトプテルムの全身骨格。見るからにペンギンに似ていますが、ウに近縁なペリカン目に属する鳥。と言われていたのですが、つい最近「やっぱりペンギンのなかまなんじゃね?」という研究結果も出てきているようで。ディアトリマの件と言い、こういう風に定説を覆す説が出てくるのをリアルタイムに追えるのが古生物の楽しいところだなと思います。

 
1-IMG_8748.JPG

こちらは有名な絶滅鳥類ドードーの復元模型。このドードー、有名な割に全身のまともな剥製などの標本が全く残されていないんですよね。この模型は古い博物画などを元に再現したもの。見事な再現度だなーと思います(もちろん実物見たことないんだけどw)。なんというか、凄く「博物画」感が出ている模型で好きです。

この模型を再現するために、ダチョウ、ハクチョウ、クジャク、ニワトリ(オヒキチャボ)の羽毛を利用しているそうです。

そして圧巻の現生鳥類剥製展示

1-IMG_8752.JPG
1-IMG_8705.JPG
 

「世界の鳥コーナー」では、広いフロア一面にひたすら鳥類の剥製が展示されていて圧巻です。しっかり分類群ごとに分けて展示されているのも非常にわかりやすい。「26目157科の世界の鳥を1科1種を目標に収集した標本を268点」展示されているとのことですから、その充実度は凄いです。

1-IMG_8701.JPG
1-IMG_8766.JPG
1-IMG_8771.JPG
 

左の写真はキウイ。小さいくせに自分の体と遜色ないでかさの卵を産むことで有名。中央の写真はみんな大好きハシビロコウさん。右の写真は日本で唯一の飛べない鳥、ヤンバルクイナ。その他、メジャーな鳥や希少な鳥、でかい鳥から小さい鳥、派手な鳥から地味な鳥まで、ほんとに色んな鳥類の剥製が展示されています。先述しましたが、分類群ごとに展示されているので「この鳥とこの鳥って近縁だったんだ!」みたいな新たな発見もきっとあるんじゃないでしょうか。

1-IMG_8783.JPG

トキの剥製も展示されていますよ。

アクセス

常磐線・千代田線「我孫子駅」からバスで「市役所前」下車徒歩5分程度。土日は鳥の博物館直行のバスも出ている模様。

その他

館内に飲食施設などはない。「市役所前」バス停周辺には何件か飲食店あり。

公式情報

公式サイト
http://www.bird-mus.abiko.chiba.jp/
住所
〒270-1145
我孫子市高野山234-3
TEL
04-7185-2212
LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加