Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

多様な自然史標本の作製手法や利用用途を解説した企画展『学んで魅せる標本展』

2015.10.27 03:45
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

兵庫県立人と自然の博物館で2015年7月18日~11月15日にかけて開催されている企画展。

自然史系博物館に収蔵・展示されている様々な手法による標本を、その用途と共に解説している。

多様な自然史標本の作製手法や利用用途を解説した企画展『学んで魅せる標本展』
 

「標本」をテーマにした企画展

1-IMG_7529.JPG

兵庫県立人と自然の博物館で開催中の企画展『学んで魅せる標本展』を見てきました。

自然史系博物館に収蔵・展示されている様々な標本は、どんな手法で作られているのか、そしてそれぞれにどんな用途で用いられているのか、といったことを解説した企画展です。

何らかの展示テーマのために集められた標本、ではなく、「標本」自体が展示テーマになっているというところがユニークですね。ちなみに、一昨年には神奈川県立生命の星・地球博物館でも同じようなテーマの『博物館の標本工房』という企画展がありましたが、こちらも面白かった。

 

作成手法別に展示されたさまざまな標本たち

会場に入ると最初に目に入るのは、透明化骨格標本。いわゆる「透明標本」と呼ばれる人気のやつですね。

1-IMG_7522.JPG
1-IMG_7523.JPG
 

骨と軟骨を別の色に染色し、筋肉をグリセリンで透過した標本。小動物の骨格の立体的な構造がとてもわかりやすい標本。あと、単純に綺麗。

1-IMG_7455.JPG
1-IMG_7457.JPG
 

左はさく葉標本。植物の標準的な学術標本化手法。右はシリカゲル乾燥標本。植物の立体的な形状を残したまま乾燥させられる上に、色落ちもあんまりないとのこと。比較的、手軽に作れそう。

1-IMG_7460.JPG
1-IMG_7462.JPG
 

昆虫標本は、オーソドックスな展翅・展足した標本や、アリなど特に小型な虫で用いられる台紙貼付けした標本。

1-IMG_7495.JPG

さらにオオセンチコガネの分解標本も展示されていました。

1-IMG_7492.JPG

ちょっと変わり種では、クモの巣の標本も。クモの巣にラッカースプレーを吹き付けたあとに、黒い紙に付着させてうつしとるそうです。

1-IMG_7464.JPG

水棲生物を中心に、よく用いられる液浸標本。

1-IMG_7468.JPG
1-IMG_7530.JPG
 

瓶の底に沈まず、宙に浮くように液体の粘性を調整して見やすくしたセアカゴケグモの標本(左)や、液浸標本にありがちな形状が縮んだり色落ちなどを回避するために工夫されたアオウミウシの標本(右)。

1-IMG_7471.JPG
1-IMG_7501.JPG
 

骨格標本や剥製も。

1-IMG_7451.JPG

ニワトリの卵の発生過程を再現した標本も展示されていました。これ凄いなー。卵の殻はくり抜いて乾燥させたもの、中身の胚はホルマリンの液浸標本、ヒヨコは剥製だそう。

 
1-IMG_7475.JPG
1-IMG_7477.JPG
 

手に取って色んな角度から観られるので、展示や教育に利用しやすいプラスチック封入標本(左)と、クラゲなどの柔らかい生物に使われるゼリー封入標本(右)。ゼリー封入標本は初めて観た気がします。

1-IMG_7482.JPG
1-IMG_7484.JPG
 

脱水乾燥させた標本に樹脂を染み込ませたプラスティネーション標本。

1-IMG_7486.JPG
1-IMG_7487.JPG
1-IMG_7489.JPG
 

顕微鏡で見るようなプレパラート標本もありました。

1-IMG_7505.JPG

高級アルコールや糖類を長時間染み込ませた、含浸標本。

他にも、多様な手法による色んな標本が展示されていました。普段見学しているときにはなかなか考えが至らない、「標本がどのように作られているのか」ということを考えられる、とても面白い展示でした。

アクセス

神鉄公園都市線「フラワータウン」駅下車、徒歩5分程度。

フラワータウン駅へは、地下鉄三宮駅から10分、谷上駅で神鉄に乗り換え。三田行に乗って30分、横山駅でさらに乗り換え。ウッディタウン中央行に乗って5分程度。

JR大阪駅からは、丹波路快速で40分程度、三田駅で神鉄に乗り換え。10分程度で到着。

その他

コインロッカーあり。

館内に飲食施設などはなし。フラワータウン駅近辺にはいくつか飲食店がある。

再入場可。

公式情報

公式サイト
http://www.hitohaku.jp/exhibition/planning/hilyouhon.html
住所
〒669-1546
兵庫県三田市弥生が丘6丁目
TEL
079-559-2001
LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加