Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

コンカベナトルの実物化石が凄い!貴重なスペイン産化石を集めた特別展『スペイン 奇跡の恐竜たち』

2015.04.09 05:16
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

大阪市立自然史博物館で2015年3月21日~5月31日にかけて開催されている特別展。

腰にこぶのあるユニークな恐竜コンカベナトルの全身実物化石をはじめ、スペインの貴重な化石が観られる。

コンカベナトルの実物化石が凄い!貴重なスペイン産化石を集めた特別展『スペイン 奇跡の恐竜たち』
 

スペイン産の貴重な化石が観られる特別展

1-写真 2015-03-20 13 42 58.jpg

ちょっと遅くなってしまいましたが、大阪市立自然史博物館で2015年3月21日から開催中の特別展『スペイン 奇跡の恐竜たち』の内覧会に行ってきたレポです。

この特別展は、去年の夏~秋にかけて福井県立恐竜博物館で開催されていた特別展『スペイン 奇跡の恐竜たち』をマイナーチェンジした感じの内容になっています。とはいえ、大阪市立自然史博物館ならではの展示も色々とあって、福井での展示を観ていても、今回新たに楽しめるところも多い特別展でした。

 

ラス・オヤス産の様々な化石

最初に展示されているのは、白亜紀前期の地層のあるラス・オヤスという発掘地から産出した様々な化石。

1-IMG_4518.JPG
1-IMG_4538.JPG
 

左はクレスモダという昆虫の化石。「アメンボのような生活をしていたナナフシのなかま」とよく言われていますが何者なんでしょうね。最近気になる生き物。植物化石(右)もいろいろ展示されています。

1-IMG_4524.JPG
1-IMG_4526.JPG
 

凄く綺麗な保存状態のワニ化石(左)や、カメ化石(右)なども。

目玉展示のコンカベナトル

なんと言っても、今回の特別展の目玉であるコンカベナトルの全身実物化石。

1-IMG_4571.JPG

半年ぶりに見たけど、やっぱり凄い。全身がほぼ関節している上に、皮膚の痕跡なども残っている素晴らしい化石。

1-IMG_4566.JPG

コンカベナトルの一番の特徴である、腰部分の突起。なんでここだけこんなに出っ張ってるんでしょうね。不思議だ。

1-IMG_4569.JPG

個人的に一番の見所は、後肢の肉球の痕跡が残っているこの部位。指骨の上にかぶさるように爪の痕跡も残っています。

1-IMG_4671.JPG

そんなコンカベナトルの全身復元骨格は、福井産の獣脚類フクイラプトルと一緒に展示されています。奥がコンカベナトル。

羽毛恐竜や鳥類の化石も沢山

ラス・オヤスからは、ペレカニミムスというオルニトミモサウルス類も出ています。

1-IMG_4581.JPG

ペレカニミムスには羽毛が生えていたんじゃないか、ということで関連して羽毛恐竜の有名どころも展示されていました。

1-IMG_4587.JPG
1-IMG_4590.JPG
1-IMG_4592.JPG
 

左からシノサウロプテリクス、カウディプテリクス、ミクロラプトル。

また、ラス・オヤス産の鳥類化石も展示されています。

1-IMG_4608.JPG

エオアルラヴィスという鳥類。

それに関連して、現生の鳥類としてアホウドリも。

1-IMG_4610.JPG

これは福井では展示されていなかった、大阪市立自然史博物館の標本じゃないかな。アホウドリ、意外とでかいんですよね。

竜脚類化石も凄い

ロ・ウエコという産地から出た竜脚類の化石も展示されていますが、こちらも凄い。

1-IMG_4636.JPG

一面に色んな部位の化石がずらっと並んでいて圧巻です。

1-IMG_4653.JPG

背中の装甲板というか皮骨も。でかいのにこんなので背中を守る必要が果たしてあったんですかね。不思議。

また、スペイン産ではないですが、竜脚類の全身骨格としてマラウイサウルスも展示されています。

1-IMG_4632.JPG

さらに、関西産の竜脚類であるタンバティタニスの化石も。

1-IMG_4651.JPG

大阪ならではの展示も充実

大阪市立自然史博物館の学芸員・林さんは、恐竜などの化石をスライスして骨の微細構造を調べる研究をされていて、何度か講演などもお聞きしたことがありますが、その林さんがいらっしゃる大阪市立自然史博物館ならではの展示も充実していました。

1-IMG_4658.JPG

ステゴサウルスの背中の骨板。左の化石が実際に研究のために切断してスライスしたもの。貴重な化石がスライスされた実物を目の当たりにすると、ちょっともったいないようにも感じますが、これによってむしろそれだけのことをする価値のある情報が得られるんだろうなあ、ということがひしひしと伝わってきます。

1-IMG_4666.JPG
1-IMG_4665.JPG
 

こちらはガストニアの皮骨と、スライスされた切片。こんな風になってるんですねー。

1-IMG_4662.JPG

ちなみにそのガストニアの全身骨格も丹波竜化石工房から出張してきていました。

アクセス

地下鉄御堂筋線「長居」駅下車徒歩8分程度。駅を出るとすぐ長居公園があり、博物館まで公園内を案内に沿って進めば良いので、迷うことはないかと。

長居駅へは、大阪梅田から地下鉄御堂筋線で20分強。

その他

コインロッカーは、特別展の会場である「花と緑と自然の情報センター」、博物館本館内ともにあり。

食事は、博物館本館に隣接した「花と緑と自然の情報センター」に喫茶コーナーあり。

市街地内なので、博物館近辺にも飲食店はそこそこある。

公式情報

公式サイト
http://triceratops-ex.com/
住所
〒546-0034
大阪市東住吉区長居公園1-23
TEL
06-6697-6221
LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加