Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

自分の体をアリに巣として提供する不思議な植物と、食虫植物の共演。企画展『食虫植物とアリ植物展』

2013.08.30 17:44
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

高知市の高知県立牧野植物園で2013年8月10日(土)~25日(日)に渡って開催されていた企画展。

自身をアリの巣にしてしまってアリと共生する様々なアリ植物や、虫を捕獲する食虫植物が展示された楽しい企画展。

自分の体をアリに巣として提供する不思議な植物と、食虫植物の共演。企画展『食虫植物とアリ植物展』
 

虫と関係する植物を集めた面白い企画展

1-IMG_4769.jpg

高知市の高知県立牧野植物園で開催されていた企画展『食虫植物とアリ植物展』に行ってきました。

虫を捕獲して栄養分とするお馴染み食虫植物と、自身の根や葉などをアリの巣にしてアリと共生する様々な植物を集めた企画展。アリをはじめとする真社会性動物大好きでクロオオアリやトビイロシワアリを女王一匹から飼ってる身としては、超テンション上がる企画展です。

高知旅行のついでに、会期最終日にぎりぎり観に行けてラッキーでした。

 

アリと共生する様々なアリ植物たち

まずはアリ植物の方からご紹介。

1-IMG_9728.JPG

これは「アリノトリデ」と呼ばれるフィリピンのヒドノフィトゥムの一種。一見ありふれた低木って感じではありますが......。

1-IMG_9729.JPG

根っこ?太い幹?の部分には空洞部分が沢山あります。アリたちがこの空洞部分を巣として利用するそうな。アリノトリデは地面に生えず、他の背の高い木の幹に着生する植物なんだそうで、地面から直接養分を摂取できないので、この部分にアリを住まわせて、アリの排泄物や餌の食べ残しなどを養分として摂取しているんだとか。まさにWin-Win!!!

1-IMG_9735.JPG

手書きの解説パネルもイラスト付きだし丁寧だし、とってもわかりやすい。

1-IMG_9731.JPG
1-IMG_9732.JPG
 

こちらはインドネシア産のアリノトリデ。熱帯域はアリが非常に多いので、アリと共生する植物も多様化しているんでしょうね。

1-IMG_9737.JPG
1-IMG_9739.JPG
 

ディスキディアという植物。豆みたいな薄いグリーンの部分が本体の葉っぱで、ココヤシの幹に張り付いている着生植物。この葉っぱがお椀のような形をしていて幹に張り付き、中のスペースをアリが巣として利用するんだそうで。ディスキディアはココヤシの成長に合わせて葉が大きくなり数も増え、アリもディスキディアの成長に合わせてコロニーの規模を大きくしていくんだとか。まさに一蓮托生!!!(?)

1-IMG_9741.JPG

ディスキディアの解説パネルもとってもわかりやすい。

1-IMG_9747.JPG

こちらはアリノスシダ。名前の通り、アリと共生するシダ植物です。こちらも他の樹にの幹に生える着生植物。アリと共生する植物は着生植物が多いですね。

1-IMG_9748.JPG

この根茎部分がアリの巣になるようです。

1-IMG_9753.JPG

アリアカシア。このトゲトゲ部分が空洞になっていて、アリが住処にするようです。アリアカシアは着生植物ではなく普通に地面に生える木ですが、葉っぱを食べようとする草食動物をアリが攻撃するという、用心棒に寝床を提供するような関係だそうで。

1-IMG_9724.JPG

アリアカシアの葉っぱはこんな感じ。

1-IMG_9756.JPG

こちらは着生性のラン、ミルメコフィラ。「myrmeco」=アリ、「phila」=好む、というそのまんまな学名。

1-IMG_9757.JPG
1-IMG_9766.JPG
 

実際、ミルメコフィラの周囲をかなりの数のアリがうろうろしていました。これは、オオズアリかな......? アリ植物は熱帯性のものばかりですが、日本のアリもそこを巣にしちゃおうと考えたりするもんなんですかね。

虫を捕獲して養分にする食虫植物たち

共生するんではなくて、虫を直接捕獲して養分にしちゃう植物たち。こちらはメジャーですよね。

1-IMG_9799.JPG
1-IMG_9775.JPG
 

食虫植物でも一、二を争うメジャーどころ、ハエトリグサ。久しぶりにまじまじと見た気がしますが、こいつらかわいいな!!! パックンチョするために体を素早く動かすのにかなりのエネルギーを使うらしく、虫ばっかりあげてると枯れちゃうらしいですね。

1-IMG_9776.JPG
1-IMG_9780.JPG
 

モウセンゴケ。「コケ」とついてるけど、コケ類ではなく被子植物。香りのついた粘液をだして虫をおびきよせて、粘液で身動きできなくして養分を吸い取る。

1-IMG_9783.JPG

ハエトリグサと並ぶメジャー食虫植物、ウツボカズラ。

1-IMG_9784.JPG

虫さんたちは「ウツボカズラにも穴はあるんだよな......(ゴクリ」とか言ってここに入って行っちゃうわけですね。うん、なんかちょっと違う。

1-IMG_9791.JPG

世界最大級のウツボカズラ。比較対象はiPhone5。マジデカい。虫どころかネズミとかも捕獲しちゃうとか。

1-IMG_9792.JPG

あまり注目されることのない、ウツボカズラの花はこんな感じ。


というわけで、非常に楽しい企画展でした。「動物は好きだけど、植物はよくわかんない」レベルの自分には、植物の多様さに興味を持つきっかけとしてぴったりな内容。アリ好きだし。

公式情報

公式サイト
http://web2.pref.kochi.lg.jp/kisya/inet/html/00025/00025638.html
住所
〒781-8125
高知県高知市五台山4200-6
TEL
088-882-2601

アクセス

JR高知駅から周遊観光バス「MY遊バス」で約30分。

その他

コインロッカーあり。

園内にレストランあり。

LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加