Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

恐竜を図鑑のように分類ごとに陳列して丁寧に解説。『たまがわ恐竜大図鑑展』

2013.08.11 12:17
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

東京・玉川の玉川高島屋S・Cで2013年7月24日(水)~8月18日(日)に渡って開催されている恐竜展。

名前のとおり、図鑑のように恐竜を分類ごとに陳列し、丁寧に解説している良い展示。

恐竜を図鑑のように分類ごとに陳列して丁寧に解説。『たまがわ恐竜大図鑑展』
 

恐竜を図鑑のように分類ごとに陳列し、丁寧に解説

東京・玉川の玉川高島屋S・C西館1Fアレーナホールで開催中の『たまがわ恐竜大図鑑展』に行ってきました。

名前のとおり、恐竜の貴重な標本を図鑑のように分類ごとに陳列し、丁寧に解説している良い展示でしたよ。

多数の全身骨格を展示

規模は小さいながらも、多数全身骨格が展示されていて、見所たっぷりでした。いくつか気になった全身骨格をご紹介。

IMG_8830.JPG

ハドロサウルス類の中でも一、二を争うメジャー恐竜パラサウロロフス。

IMG_8847.JPG

原始的なイグアノドン類ラブドドン。前肢の親指はイグアノドンのようには発達していないようですね。

IMG_8919.JPG

鎧竜サイカニア。がっしりとした体やでかい頭とアンバランスな小さい四肢がかわいい。去年あたりから色んな特別展でサイカニアを見る機会が多くて嬉しいです。

IMG_8853.JPG

竜脚類アマルガサウルス。首から背中、尾にかけての突起が素敵です。突起は左右に生えていて、二枚の帆のようになっていますが、頭のすぐ後ろのところでは左右二本の突起が癒合して一本になってます。

IMG_8872.JPG

オルニトミムス類のストルティオミムス。前肢が発達しており、物を掴むことも可能だったんじゃないかとのこと。

実物化石もいろいろあったよ

全身骨格だけじゃなく、実物化石もいろいろ展示されていました。

IMG_8935.JPG

孔子鳥ことコンフウシウソルニス。古鳥類に分類されます。

IMG_8890.JPG

オヴィラプトル類のインゲニア。頭から尾の先まで、綺麗に全身が残っている素晴らしい化石。

IMG_8942.JPG

お馴染みの角竜プロトケラトプス。

恐竜の復元の変遷についての展示が面白い

全身骨格や化石だけでなく、恐竜復元の変遷を復元模型で紹介した展示が非常に良かったです。

IMG_8908.JPG

特にイグアノドンの復元の変遷は面白い。

IMG_8911.JPG
IMG_8912.JPG
IMG_8913.JPG
 

左から、1850年代・1950年代・2000年代のイグアノドン復元模型。

公式情報

公式サイト
http://www.tamagawa-sc.com/event/?id=790
住所
〒158-0094
京都世田谷区玉川3-17-1
TEL
03-3709-2222

アクセス

二子玉川駅下車、徒歩5分程度。

二子玉川駅へは、東京駅からJR京浜東北線で大井町駅へ(15分程度)。大井町駅から東急で15分程度。

その他

コインロッカーは高島屋内にいくつか。

飲食店も高島屋内にいっぱいある。

再入場可。

LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加