Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

きしわだ恐竜教室特別版「ヨロイ竜の謎を探る!」に行ってきたよ

2013.05.27 02:50
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

きしわだ自然資料館で2013年5月25日に開催された、きしわだ恐竜教室特別版「ヨロイ竜の謎を探る!」に行ってきた話。

装盾類恐竜の最新の研究成果について、非常に面白いお話が沢山聞けた。

きしわだ恐竜教室特別版「ヨロイ竜の謎を探る!」に行ってきたよ
 

きしわだ恐竜教室特別版「ヨロイ竜の謎を探る!」に行ってきたよ

5/25にきしわだ自然資料館で開催されたきしわだ恐竜教室特別版「ヨロイ竜の謎を探る!」に行ってきました。

恐竜の中でもアンキロサウルスなどの鎧竜類と、ステゴサウルスなどの剣竜類を含むグループである装盾類についての最新の研究について、非常に面白い話が聞けました。

講師は大阪市立自然史博物館の林昭次学芸員。

鎧竜類の装甲板や尾のハンマー、剣竜類の骨板やトゲなどの骨組織を分析することで、これらの装甲が、装盾類の進化の上でどのようにして発達したのか、というようなお話がメイン。

また、発掘!モンゴル恐竜化石展でも現在展示されている鎧竜ピナコサウルスの、40体にもなる大量の化石が発掘されたことで見えてきた、鎧竜の生態についてのお話も。

林さんと言えば、先日束柱類デスモスチルスの骨の微細構造を分析した研究も発表されていたところだったので、個人的にご本人からその研究についてのお話も伺うことができて、非常に嬉しかったです。

講演の後は、きしわだ自然資料館のバックヤードの見学もさせて頂きました。キシワダワニの実物化石なんかも直接見ることができたよ。

その後は、古生物好きな方々と飲み会へ。時々こういう人たちとマニアックな話で盛り上がりながら酒を飲めるのがほんと幸せ。

非常に充実した一日でした!

※写真は『発掘!モンゴル恐竜化石展』で展示中のピナコサウルス。

LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加