Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

恐竜博物館と京都水族館とのコラボ企画『恐竜たちと水族館2015』

2015.08.06 23:41
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

京都水族館で2015年7月28日~10月25日に渡って開催されている企画展。

福井県立恐竜博物館とのコラボ企画で、水族館の通常の展示の中に古生物の骨格などが展示されている。

恐竜博物館と京都水族館とのコラボ企画『恐竜たちと水族館2015』
 

去年に引き続いて福井県立恐竜博物館とのコラボ企画

1-写真 2015-07-28 12 17 02.jpg

京都水族館で開催中の企画展『恐竜たちと水族館2015』を観てきました。

京都水族館では去年の夏にも『恐竜たちと水族館』という企画展をやっていましたが、今年も同様に福井県立恐竜博物館とのコラボ企画として開催。

 

オオサンショウウオの隣にでっかい鎧竜

1-IMG_6607.JPG
1-IMG_6610.JPG
 

水族館に入ってすぐの『京の川ゾーン』、オオサンショウウオの水槽の隣には、鎧竜アニマンタルクスの全身骨格が。「生きた化石」と呼ばれるオオサンショウウオと、「生きた要塞」という意味の学名を持つアニマンタルクスの比較展示だそうで。ちょっと強引じゃね?w

アニマンタルクス自体は初めて観たので嬉しいんですけども。

ペンギン水槽には翼竜が

1-IMG_6627.JPG

ペンギン水槽の隣には、翼竜の全身骨格が二体展示されていました。鳥類と翼竜の比較ということでしょうか。去年のペンギンとヘスペロルニス(海棲絶滅鳥類)の比較展示が個人的に凄く良かったので、今回も観たかったけど、これはこれでアリかなーと思いました。

1-IMG_6710.JPG
1-IMG_6709.JPG
 

プテラノドン(左)とディモルフォドン(右)でしょうか(名前を書いたキャプション的なものが見当たらなかったので、間違ってるかも)。個人的にこのディモルフォドンはかっこよくて好き。

1-IMG_6629.JPG

また、大水槽の向かいにはでっかいモササウルスのイラストも。

生きた化石と生きてない化石

1-IMG_6646.JPG
1-IMG_6654.JPG
 

「生きた化石」カブトガニとオウムガイ。

1-IMG_6647.JPG
1-IMG_6653.JPG
 

「生きた化石」カブトガニとオウムガイの生きてない化石。

1-IMG_6666.JPG
1-IMG_6669.JPG
1-IMG_6671.JPG
 

いわゆる「古代魚」的な魚などもいました。

交流プラザには恐竜の全身骨格が三体

1-IMG_6673.JPG
1-IMG_6685.JPG
1-IMG_6689.JPG
 

交流プラザには、ゴルゴサウルス(左)、ステゴサウルス(中)、フクイサウルス(右)の全身骨格が。

1-IMG_6677.JPG
1-IMG_6682.JPG
 

さらに、あんまり恐竜とは関係なさそうですがヒョウモントカゲモドキやヤシガニなんかもいました。

去年の企画と比べると、水族館の展示との絡め方がちょっと強引に感じたところはあったものの、観る機会の少ないものなんかも見られて良かったです。

アクセス

京都駅から徒歩20分弱。または京都市バスで10分弱、「七条大宮・京都水族館前」バス停下車。

土日祝日は、京都駅から京都水族館直行のシャトルバスも運行。

その他

コインロッカーあり。

館内に飲食施設は複数あり。

再入場可。

公式情報

公式サイト
http://www.kyoto-aquarium.com/news/2015/05/kyouryuutachitosuizokukan.html
住所
〒600-8835
京都市下京区観喜寺町35-1
TEL
075-354-3130
LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加