Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

ブラキロフォサウルスのミイラ化石「レオナルド」が観られる。『大恐竜帝国2013』

2013.08.28 00:43
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート

大阪市の大阪南港ATCホールで2013年7月20日(土)~9月1日(日)に渡って開催されている恐竜展。

ブラキロフォサウルスのミイラ化石「レオナルド」のレプリカをメインに、恐竜の全身骨格や化石、模型ロボットなどが展示されている。

ブラキロフォサウルスのミイラ化石「レオナルド」が観られる。『大恐竜帝国2013』
 

大阪南港ATCホールの恐竜展

大阪南港ATCホールで開催中の『大恐竜帝国2013』に行ってきました。

展示の概要は以下のような感じ。

「恐竜の森」「恐竜ふれあいランド」は動く恐竜ロボットとかが中心の展示でほぼ素通りしたので、全身骨格や化石が中心の展示だった「恐竜研究室」を中心にご紹介。

展示の目玉はブラキロフォサウルスのミイラ化石「レオナルド」

1-IMG_9107.JPG

「最も保存状態の良い化石」としてギネスブックにも載っている、ブラキロフォサウルスのミイラ化石「レオナルド」。

綺麗に関節した骨だけでなく、筋肉も綺麗に化石化していて凄い。

福井県立恐竜博物館の企画展『迫力の肉食恐竜たち』でも以前展示されていましたが、ほんとに凄い化石だなあと思います。

他にも恐竜の全身骨格がいろいろ

1-IMG_9100.JPG
1-IMG_9092.JPG
 

堅頭竜プレノケファレ(左)と剣竜トゥジャンゴサウルス(右)。トゥジャンゴサウルスは福井県立恐竜博物館に常設展示されているものと同じく、肩のスパイクがついてないですね。

1-IMG_9084.JPG

竜脚類カマラサウルスの幼体。ちっちゃくて可愛い。

1-IMG_9131.JPG

定番の恐竜、トリケラトプスとアロサウルス。展示室の中央にどーんと展示されていました。

羽毛恐竜等の化石もいろいろ

1-IMG_9113.JPG
1-IMG_9110.JPG
 

シノサウロプテリクス(左)と、カウディプテリクス(右)。どちらも羽毛恐竜の中でも有名どころ。

1-IMG_9143.JPG

ファシャグナトゥス。あんまり観る機会のない恐竜だと思います。2004年とかなり最近に命名記載された恐竜。

1-IMG_9120.JPG
1-IMG_9122.JPG
 

こちらの二体は古鳥類。ロンギプテリクス(左)とエオエナンティオルニス(右)。エオエナンティオルニスの方は特に翼の痕跡がしっかり見て取れますね。

公式情報

公式サイト
http://www.tv-osaka.co.jp/kyouryu/
住所
大阪市住之江区南港北2-1-10
TEL
不明

アクセス

トレードセンター前駅下車、徒歩5分程度。

トレードセンター前駅へは、梅田駅から地下鉄・ニュートラムで30分程度。

その他

飲食店はトレードセンター内にいっぱいある。

再入場不可。

LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加