Pangea Note - パンゲア・ノート

このサイトについて

グランフロント大阪 THE世界一展 すごい!ステージ 恐竜ウィーク最終日

2013.07.20 22:38
カテゴリ:特別展・企画展・イベントレポート
グランフロント大阪・北館1Fのナレッジキャピタルで開催中の『THE世界一展』の「すごい!ステージ」で、7/14~20にかけて行なわれる恐竜・古生物関連のトークイベントの最終日に参加してきた話。
グランフロント大阪 THE世界一展 すごい!ステージ 恐竜ウィーク最終日
 

『THE世界一展』の恐竜トークイベント最終日に行ってきたよ

14日、18日に続いて、グランフロント大阪・北館1Fのナレッジキャピタルで開催中の『THE世界一展』の「すごい!ステージ」で、恐竜・古生物関連のトークイベントに行ってきました。

7/20のスケジュールは、

という感じ。仕事の都合で全部は参加できなかったので、14時からの小田さんの回の途中から(ワークショップなので後ろで見てただけですが)と、15時からの藤原さんの回を聞いてきました。

小田さんのワークショップは、途中から来て後ろから眺めていただけなのでアレですが、ティラノサウルスの復元画に挑戦してみようという感じのワークショップだったようで、みなさん真剣に描かれていたのが印象的でした。小田さんは「歯が見えすぎてる復元画は生物としておかしい!」と力説していらっしゃいました。言われてみれば確かにそうなんですよね。歯をむき出しにしている復元画はよく見かけるけど、口を閉じても歯がむき出しになってそうな勢いで。

藤原さんのお話は、骨の形からトリケラトプスの姿勢を復元する、という内容。一昨年の国立科学博物館の特別展『恐竜博2011』などでも大きく取り上げられていた、トリケラトプスの前肢の向きについての研究についてのお話でした。トリケラトプスだけでなく、絶滅哺乳類のデスモスチルス・パレオパラドキシアについても言及されていて、興味深かったです。

というわけで、この一週間で三回、グランフロントで恐竜のお話を聞くことができて充実した一週間でした。ほんとはもっと沢山参加したかったんだけど、諸事情でフル参加はできなかったのが残念。

LINE@公式アカウント このエントリーをはてなブックマークに追加